喉頭がんの薬

「喉頭がん」トップ > 喉頭がんの薬

喉頭がんの薬

喉頭がんでのをご紹介します。ステージに応じて、放射線治療などと並行して、主に下記のような抗がん剤が使用されます。

よく用いられる薬は、シスプラチン(ランダ/ブリプラチン)です。シスプラチンは臨床報告で有効だと言われていますが、合併症の危険もあります。

もう一つメジャーな薬は、パラプラチン(カルボプラチン)です。カルボプラチンは臨床研究においてとても信頼性が高く、初期ステージであれば喉頭を温存できる割合が高いと言われています。

この他の有効な手段として、抗癌剤と並行して、免疫力を向上させる食品療法などを、代替療法として取り入れている患者さんも多くいらっしゃいます。

治療において薬だけでなく、このがんは放射線治療や手術を並行し、経過を見ていくものです。

薬には必ず副作用があります。免疫力の低下している患者さんは、副作用のつらさも深刻な問題です。

喉頭ガン治療における薬の使用で辛苦が伴うようであれば、免疫力を上げる代替療法を平行して取り入れることも考慮し、主治医や専門家としっかり相談することが大切です。お医者様に相談の上、プロポリスサプリなどを活用するのもひとつの手だと思います。