喉頭がんの生存率

「喉頭がん」トップ > 喉頭がんの生存率

喉頭がんの生存率

喉頭がん生存率は他のガンに比べ、比較的高い方です。必要以上に悲観することはありません。

生存率は、早期発見ができれば、90%台と高めです。適切な治療とその後の生活態度、生活習慣で、いくらでも元通りの健康状態が得られるのです。

ステージ3でも生存率の水準は、70%と高水準です。ステージ4に進行していたとしても60%ですから、末期症状であっても実に6割の方が生還しているのです。

しかし気をつけたいことがあります。無事に一命を取り留めても、後遺症や合併症のことを、忘れてはいけません。

比較的生存率が高い癌ではありますが、やはり声を失ったり、術後ものを食べることが困難になってしまうのは、どの患者さんにとっても避けたい話だと思います。

ですから生存率の高さに安堵せず、初期症状らしきものが体に表れたら、ためらわずにまず耳鼻咽喉科へ行きましょう。問題ないと言われても体に不安があれば、総合病院の門戸を必ず叩いて下さい。

生存率の高い喉頭ガンであっても、軽視は禁物です。食道に接しているのどの内側や声帯に及ぶ部位を、切除する可能性もあるので気をつけましょうね。

そのような大きな病気になる前にプロポリスなどを飲んで、予防に努めましょう。