喉頭がんの治療

「喉頭がん」トップ > 喉頭がんの治療

喉頭がんの治療

喉頭がんの主な治療法としては、「放射線照射」と「手術」の二つが主軸です。病院によっては、レーザー照射を行っているところもあります。

患者さんによってはこれらと並行して、代替療法を取り入れられている方もいらっしゃいます。

放射線治療とは、喉の頭に外から放射線を照射する方法です。この方法は外来通院ができる上、声もそれほど劣化しないのが特徴です。

この治療の期間はおよそ一ヶ月半で、30回ほどあてます。副作用としては、咽喉頭炎が起こるケースが多いです。

この治療をする場合、喫煙経験者はまれに、喉頭の軟骨に炎症、ひどいときには壊死が発症する場合もありますので、日頃からなるべくたばこは控えましょう。

そして手術で治療する場合、ステージによって、喉頭の部分切除か全摘出になります。この方法だと声を失ってしまう可能性が高く、患者さんにとってはなるべく避けたい方法だと思います。

喉頭ガン患者さんはこれらの治療法と並行して、免疫療法や代替療法を取り入れ、病気と立ち向かっている方も大勢いるようです。主治医とよく相談し、自分に合った方法を取り入れることも視野に入れると良いでしょう。

私のオススメはプロポリスサプリメント。日々の健康維持に大きく役立ってくれます。大きな病気になる前に日々の食生活から改善していきましょう。